コンテンツ一覧 cre8ベースとは 料金 機器・資材一覧 会員メリット 会員限定 機器予約 ワークショップ一覧 ワークショップカレンダー 店舗概要・アクセス
cre8ベースとは

© cre8 BASE KANAYAMA|クリエイトベースカナヤマ 名古屋 金山 メイカースペース モノづくり All rights reserved.

2017-02-17 15.10.01

クリスタで描いたイラストからアクキーを作ってみた!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。新スタッフの桃タローです!

今日も新人目線からのCRE8ブログ、更新していきますよ~!

今回はレーザー加工機とUVプリンターを使って

アクリルキーホルダー作りをしましたので、詳しくまとめちゃいます♪

 

初めてアクリルキーホルダーを作る方の参考になれば幸いです。

それでは早速♪

まずは、データを用意します。今回は自作のイラストを使っていきます。

画像はあらかじめCLIP STUDIO PAINTで描いた、透過PNGを用意しました。

2017-02-17 11.17.43

じゃーん!読み込みました!!

こちらのデータを反転し、希望サイズまで縮小します。

今回は10センチ四方くらいかな、ってことでぽちぽち。

2017-02-17 11.20.25

サイズを指定しましたら、カラーインク部分のデータ「は」完成です!

 

ですが、このまま印刷!するのは待ってください。。

私の希望は、透明のアクリルに印刷、よく見るアクリルキーホルダーのような。

そう、カラーの後ろには白インクの印刷が必要なのです。

ということで、次は白インク用のデータを作っていきますよ!

画像をコピーして同じ場所に貼り付けておき、そのレイヤーから

画像トレース機能を使ってパスデータを作ります!

2017-02-17 11.33.41

①画像トレースのウィンドウからデータを調整します。

画像によっては、線が途切れてしまったりしてしまうので、しきい値を調節して、

外側になるラインが切れないようなデータを作って下さいね。

2017-02-17 11.41.57

②データが出来たら、オブジェクト→画像トレース→拡張でパスを作ります。

2017-02-17 11.42.12

すると、こうなります!

③パスができたら背景の四角部分だけを残して、画像の黒い部分を消します。

2017-02-17 11.56.18

わかりやすいように、背景四角部分はグレーにしました。この部分が必要なので

選択されている部分を削除!しちゃいます。

2017-02-17 11.56.39

④削除後、右クリック→複合パスを解除して、次に白い部分だけを残して

グレーの四角部分を削除していきますよ。

よくわからない??言われるがまま、一度やってみましょう♪

複合パスを解除すると、白い部分とグレーの四角部分が分かれます。

四角部分だけ削除すると、先ほどの白い部分だけがレイヤーに残っていると思います!

わかりやすく、またグレーで表示してます↓

2017-02-17 12.11.49

⑤いらない部分がまだある場合は削除してきれいにし、

カラーをBLACKに設定してあげたら白インク用のデータ完成です!

一度やってみると、簡単な作業かと思います♪

 

さぁ、印刷するデータが出来ました!!

ですが、まだ作業が残ってますよ。わかりますか?

アクリルをレーザーでカットするための、カット線データが必要です!

ではこれも作っていきますよ~あともう少し!!

2017-02-17 12.12.56

先ほど作った白インク用のデータをコピペして、線データを作っていきます。

貼り付けたレイヤーを選択、オブジェクト→パス→パスのオフセットで切り出したいサイズまで

拡張していきます。こちらは3mmで設定しました。

わかりやすいよう、赤い線部分が拡張させた部分です。

これに、アクリルキーホルダーに必要な、通し穴を作ります。

円ツールで穴(3mmくらいがちょうどいいかと)を作り、こちらもまたオフセットで拡張します。

2017-02-17 12.19.04

拡張後、カット線に沿うように、つけたい部分へと移動させます。

2017-02-17 12.22.27

通し穴がカット線に触れない位置がいいかと思います。

位置が決まったら、外側の線だけを選択し、パスを結合します。

パスファインダーから合体を選択してください。

2017-02-17 12.28.18

こちらですね。わたし、初心者ですのでこの機能実は初めて使いました。。

すると穴部分を残して結合されましたので、穴の部分は型抜きで、こちらも結合しておきます。

これでカット線データの作成が終わりました!!しっかり保存しておいてくださいね。

 

カット線データの作成が終わったら、次はUVプリンター用に枠線を作っておきましょう。

こちらは印刷するときのズレ防止用です。写真を撮り忘れてしまいましたが。。

線の設定から線の位置を外側にして、線を太くしておきます!

その後、UVプリンター用のデータをすべてPNG形式で保存して作業完了です!!

 

さて、それではいよいよ、レーザー加工機とUVプリンターを使って加工していきます。

まずはレーザー加工機でアクリルをカットしますよ~♪

2017-02-17 14.14.15

はい。よく使われているお客様なら、「やっちゃった」やつです。

サイズ調整も印刷設定もばっちり、だったのですが。

2017-02-17 14.41.34

見事に、焦げ付きが~~~!!

これでは見栄えも最悪です!商品にもなりません!!

2017-02-17 14.41.43

直置きしますと、焦げ付きの原因になりますので、アクリルの下隅に添え木をしてください。

下でパチパチと光っているのがわかりますか?こいつが焦げ付きの原因のようです!

 

失敗を経て、カットが終わりました!

次はUVプリンターを使って印刷していきますよ!

(写真が少なくてすみません…)

まずは最後に作った枠線データを、紙に印刷します。

紙はマスキングテープで固定してくださいね。

一番解像度の低いもの、パスも4でOKですよ。

印刷後、カットしたアクリルを枠線に合わせて置き、いよいよ印刷をしていきます。

カラーデータと白インクデータの設定をそれぞれしていきます。

カラーはそのままでも十分なので、今回デフォルトのままにしました。

白インクデータは、BLACKを変換しなくてはいけないので、設定を変えましょう。

設定画面からカラー編集→色置換→置換なしになっている所を、

「K→W」にします。こちらは黒を白インクで印刷する設定になってますよ。

設定を変えたら、この二つを順に印刷していきます。

2017-02-17 15.10.01

カラーインクの上に、白インクが印刷されていきます♪

そして、完成~!!!

2017-02-17 16.16.20

無事にキーホルダーが完成しました!!

お疲れさまでした~~!!

 

オリジナルの作品づくりに、少しでもお役に立てればと思います。

1つから作れますので、皆さんもぜひ作りに来てくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

IMG_5561

新素材入荷!トレーシングペーパーに印刷

よく夏生まれっぽいと言われるスタッフなぐさんです!! そのとおりです!こんにちは!! 車の温度計を見るたびに無駄に暑さを感じてしまう…

201010_AutoCADセミナー

【ワークショップ】Autodesk社公認セミナー 2日間で即戦力!キャリアアップできるAutoCAD基礎セミナー

【AutoCAD基礎セミナーの3大特徴】 1. CAD初心者でも受講できる! 2. たった2日間でAutoCADをマスタ…

200926_3Dモデリング入門

【ワークショップ】Autodesk社公認セミナー スタンプから始める3Dモデリング入門セミナー

楽しく気軽に3Dモデリング! 受講生の8割が3DCAD未経験で、 誰でも3Dプリンタが使えるようになります。 また、…

200912_AutoCADセミナー

【ワークショップ】Autodesk社公認セミナー 2日間で即戦力!キャリアアップできるAutoCAD基礎セミナー

【AutoCAD基礎セミナーの3大特徴】 1. CAD初心者でも受講できる! 2. たった2日間でAutoCADをマスタ…

IMG_4334-2

暑中お見舞い申し上げます~♪♪

こんにちは♪スタッフさちです♪♪ 8月に入って急にドーン!!ッと夏―!! っていうお天気になりましたね! やっと梅雨明け・・・ジメ…

ページ上部へ戻る